silkun.com

赤めだか

立川談春の自伝ですね。
談志一門の一人です。
この本を読むまで立川は志の輔しか興味が無かったんですが
談志にも作者、談春にも興味がわいてきましたね~。

赤めだか
赤メダカ

ここまで頑張ったんなら、こんな考えで、気持ちで取り組んできたんだから
と、期待感みたいのが膨らみますね
基本は志の輔なんですが志の輔は先輩でエリートだったみたいなんで
それよりちょいと・・・くらいかな
でも、師匠の談志には興味津津
落語を聞いてみたいな~って 芝浜 なんて
ちなみにタイトルの赤めだかは談志が家で飼ってる金魚があまりにも小さく
赤めだかと馬鹿にして呼んでただけでたいした意味はありませんでした。
この本で1番頭に残ってる言葉が
師匠談志が言うんですね
  「修行とは理不尽に耐える事だ!赤い物も俺が黒と言えば黒なんだ!
   それがいやなら出てけばいい!」
これは何処にでも言える気がします。
私も今、会社の理不尽に耐えてます。(価値観の違い)
ですから余慶楽しく読めたんでしょうね。


スポンサーサイト
  1. 2009/06/14(日) 22:40:56|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<POG | ホーム | ワールドカップ出場!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://silkun.blog55.fc2.com/tb.php/82-ac9ab3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

シルくん

Author:シルくん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (273)
出資馬(ディオーサ:ルドラ・アルジーヌ) (165)
読書 (151)
菜園 (16)
買い物 (62)
自転車 (27)
お酒 (31)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード